女性税理士 杉本協子

税理士は経営者を引っ張るリーダー・一番手ではなく、経営者が叶えたい夢の実現を支えるパートナー・二番手の人が向いていると私は考えています。 税理士が表にたつのではなく、縁の下の力持ちとして、会社をサポートしていく存在でありたい。 私は学生時代、部活で部長をやっていた時に「トップではなく二番手が私には向いている。」と感じたので、経営者をサポートする税理士という職業は、私にとって天職なのかもしれません。 個人企業では、社長一人が何もかもこなさなくてはならないのが現状です。 しかし、判断に迷ったときの相談相手として、税理士の立場だけではなく、一人の個人としての考えを伝えたい。 孤独な経営者の方が、気軽に何でも相談できる存在になれたら幸いです。 ここ5年で税理士業界も急速に変わってきています。 どの業界も安泰、安心なんていえないのが現実ですが、その現実に背くことなく常に危機感を持ち、時代の流れを把握しながら、なんでも新しくするのではなくお客様に合ったやり方を模索、提案しながら会社のお役にたてるように工夫していきたと考えています。