【確定申告、ここをチェックしてますか?】

確定申告をご自身でされている方、
こんなところをチェックしておけば安心!そんなポイントをいくつかご紹介します。


平成26年の売上の計上漏れにご注意!


カード売上や掛売上の計上漏れはないですか?
12月にカードで売り上げた場合、カード会社からの入金は1月以降ですが、
売上は12月に計上しなくてはなりません。

自家用消費(飲食店などで家族が消費したもの)を売上に計上していますか?
これ抜けている人、結構多いです。


平成26年に仕入れた商品の在庫は正確ですか?


在庫をもたれている方は12月末に棚卸しをしていますか?
仕入れた商品がどれだけ残っているかで利益にも影響が出てきます。

消費税の納税義務者の方は、経理方法が税抜処理税込処理かで
在庫の金額が違ってきますので、ご注意くださいね。


自家用の経費はちゃんと按分していますか?


カードで購入した消耗品などがあれば引き落としは1月でも、
平成26年の経費になります。

また、自宅と店舗、自宅と事務所を兼用している場合は、
経費を事業用と自家用に按分しなくてはなりません。
電気代、光熱費、家賃等々・・・

持ち家の場合は家賃は発生しませんので、
建物を減価償却という形で経費にしていきます。
持ち家の方は、固定資産税も按分ですね。

青色申告者の方は30万円未満のものを購入したときは、
一括で経費にできる、という特典がありますが、
赤字なのに無理に経費にする必要はなく、
資産に計上して減価償却という形で経費にしていく方がベストの場合もあります。


家族のお給料を経費に計上できていますか?


青色専従者のお給料は計上できていますか?
これは家族のお給料を経費にできるという特典ですが、
届出をしていないとこの特典は使えません。
お給料の金額を変更する場合も届出が必要ですので、ご注意ください。


売上が1,000万円超えていたら・・・


平成26年の売上が1,000万円を超えていたら、
平成28年から消費税の課税事業者になります。

課税事業者になると事前に消費税の試算が必要になってきます。


あと一ヶ月あるからと思っていてもすぐに申告期限になってしまいます。
早めに取りかかる事をお勧めします。