【領収書をなくしてしまったら?】

前々回【社長からの借入金】について書きましたが、
今回は、その逆。
【社長への貸付金】についてです。

【社長への貸付金】とは、会社のお金を社長に貸す。という意味ですが、
実際に会社の通帳から社長個人の通帳へ振込みをする場合は
「金銭消費貸借契約書」を作成するのが正しい方法です。
会社が貸主、社長が借主の契約書を作成して、
相手が社長であっても利息は計算されることになります。

同族会社では、
このへんのお金のやり取りが曖昧になっているのも事実ですが、
会社のお金と社長のお金は別だという認識をもって
お互いのやり取りは通帳間で行うことをお勧めします。

上記のようなケースは、
実際にお金のやり取りがあった場合のお話ですが、
そうでなくも社長への貸付金が発生する場合があります。

社長が、経費を後から精算する場合を想定してみて下さい。
一定額を会社の通帳から引き出して経費を使った後、
暫くしてから精算しようとした時に、
引き出した金額と領収書の金額が一致しないことがあると思います。

引き出した金額が50万円で、領収書の合計額が30万円の場合、
差額の20万円は、行き先がわかりません。
領収書をなくしてしまったのか、個人的な支払に使ったのか、
そのような場合、
この20万円の行き先を不明なままにしておく訳にはいかないので
やむを得ず、社長への貸付金という処理をせざるを得ません。

また、会社のカードを個人の支払に使用した場合もそうです。
個人分の支払いを会社に返金すれば問題ないですが、
そのままにしておくと、カードの引き落としの時に
社長個人分の支払は、社長貸付となります。

このようなことが続くと、いつの間にか社長貸付が膨らんでしまうケースも見受けられます。
借りたつもりはないけど、借りたことになっていた。なんてこともありますので、
一度自社の決算書をチェックしてみてはいかがでしょうか?