【今年開業して赤字の場合も】

今年、個人で開業された方は、税務署に提出していますか?
「開業届出書」と「青色申告承認申請書」

「開業届出書」は提出が遅れても問題ないですが、
「青色申告承認申請書」は開業から2月以内と決まっています。

「青色申告承認申請書」を提出しておくと青色申告の特典が受けられます。
もちろん、帳簿を正確につけているというのが前提になりますが・・・

その特典の代表的なものを3つご紹介します。

(1)65万円の青色申告特別控除
(2)青色事業専従者給与
(3)純損失の繰越し

65万円の青色申告特別控除とは、
売上から経費を引いた金額から65万円を控除してくれるというものです。
税金の対象となる金額が低くなるので、当然税金も安くなりますし
青色申告の最大のメリットといえるでしょう。

青色事業専従者給与とは、
事業を手伝ってくれる家族の方がいる場合、
その家族の方のお給料が経費になるというものです。
給料の金額を記載した届出書が必要になりますが、
一緒に仕事をしている家族の方がいる場合は検討されるといいでしょう。

純損失の繰越しとは、
赤字の年があった場合に、その赤字を3年間繰越ししてくれるというものです。
開業初年度は赤字の場合が結構ありますが、
翌年以降3年間で黒字になった時、その黒字を前年以前の赤字と通算できるのです。
これは、かなり大きいです。

以上がおおまかな青色申告のメリットですが、
初年度は赤字なので申告しなかった。という方がいます。
税務署に聞きに行ったら、赤字だったら何にもしなくていいですよ。と言われたとか・・・
確かに税務署は赤字の事業者からは税金は取れないので申告してもしなくても関係ないのです。

ただ申告しないということは、3年間繰り越せる赤字の金額も捨ててしまっているということです。
この青色申告の特典は申告して初めて受けられるものなので、
そこを間違えないでいただきたいと思います。
今年も半分以上過ぎていますが、
平成26年分はまだ何も処理していない。という方はそろそろ始動されることをお勧めします。