【税抜処理】と【税込処理】の違いについて

会社の経理処理には税込処理と税抜処理があります。

自社の経理が「税込処理」「税抜処理」かご存じですか?

例えば、108万円の売上の場合。

税抜処理では、
売上高100万円、仮受消費税8万円と計上されます。

税込処理では、
売上高108万円のみが計上されます。

試算表に「仮払消費税」「仮受消費税」の科目が
表示されていれば税抜処理です。

税抜処理の場合は
仮受消費税と仮払消費税の差額が納付する消費税になるので、
毎月の試算表で現在の消費税額が簡単に計算できます。

税込処理の場合は、
消費税額が試算表上には表れていないので別途計算する必要があります。

30万円未満の資産を購入したときに
その金額を一括で経費にできる規定がありますが、
これも自社が税抜処理か税込処理かで判定が変わってきます。

28万円のパソコンを購入した場合。
(別途、消費税22,400円)

税抜処理 280,000円<300,000円 一括で経費処理OK 。
税込処理 302,400円>300,000円 経費でなく資産計上。

これだけみると税込処理の方が、
損しているように感じるかもしれませんが、
一括で経費にできなくても減価償却を通じて
4年間で経費にできるので結果的には同じになります。

経理処理だけのことを考えると税込処理の方が簡単です。

でも、会社の規模や消費税の計算方法などを考慮すると、
一概にはどちらがいいとは言えないところです。