不動産を共有名義にする時の注意点!

不動産を共有名義にする場合の注意点についてご説明します。

銀行から借り入れをしてマイホームを購入した場合は、
借り入れをした人の名義で登記をします。

一人で借り入れをしている場合は登記はその人の名義で問題ないですが、
次のような場合はどうでしょうか?

4,000万円のマイホームを2人で購入した場合。

Aさんが銀行から2,000万円を借り入れ。
Aさんが父親から1,000万円の贈与を受けた。
Bさんが母親から1,000万円の贈与を受けた。

この場合の持分は、
Aさんの負担が3,000万円、Bさんの負担は1,000万円になり、
持分はAさんが3/4、Bさんが1/4になります。

このように、親から贈与を受けた場合は、贈与税の申告も必要になってきます。

Aさんは、父親から受けた1,000万円の贈与について
Bさんは、母親から受けた1,000万円の贈与について
それぞれが、贈与税の申告をしなければなりません。

 住宅を取得するときに親から金銭の贈与を受けた場合には
一定の金額までは税金がかからないという規定があります。

この優遇規定を受ける場合も、贈与税の申告が必要です。

不動産を共有名義で購入する場合には、
誰がいくら出して、その通りの名義になっているか?
贈与税の申告は忘れてないか?
など漏れがないように注意が必要です。